島津ほっと通信 (E-mailマガジン)

サンプル

┌★ Shim-Solutions Club ☆────────────────────┐
 このメールは、島津製品をご愛用いただいておりますお客様にお送りし
 ております。配信中止を希望される場合は、お手数ですが本メール末尾
 の登録内容の変更方法をご利用になるか、このメールへの返信にて「不
 要」とお知らせください。
└────────────────────☆ Shim-Solutions Club ★┘

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
       ◎○ 島津ほっと通信 2003/06/25号 ○◎
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
                       お客様の会員ID  00000000
        様

 雨が多く蒸し暑い日が続いています。いかがお過ごしでしょうか。
 昨夜は久しぶりに雷雨となりました。雷がゴロゴロ鳴り始めると、近くに
 落ちないかとビクビクしてしまいます。

 さて、雷のときに "くわばらくわばら" というのをテレビや本で見たことが
 ありますが、あれは "怖いこわい" の意味だとばかり思っていたら、実は落
 雷除けのおまじないだそうです。これには色々な説があるようですが、雷神
 が誤って井戸に落ちたときに「桑の木が嫌いなので、今後、桑原桑原と唱え
 ればそこへは雷を落とさない」と約束をすることで助けてもらった、という
 説もあるとか。

 桑原?そう言えば、ここの住所は西ノ京桑原町。。。それなら落ちないで済
 む?そんな訳ないですよね。


【新製品】──────────────────────────────
 におい の強さと質を 明確に数値化します!「におい識別装置 FF-2A」
───────────────────────────────────
 従来のにおい測定はサンプルの相対測定でしたが、新開発のFF-2Aでは、に
 おいを絶対的な数値で、しかも人間の官能に合わせた尺度でにおいの質と量
 を数値化することができるようになりました(臭気指数相当など)。
 また新開発のセンサの追加で、特に悪臭に対して感度と識別力を向上させま
 した。環境・食品・飲料・化成品・家電・自動車分野などのにおい評価にぜ
 ひお試しください。 
 http://www.an.shimadzu.co.jp/products/food/ff1.htm

【新製品】──────────────────────────────
 乾電池で使えるパーソナル(ロードセル)電子はかりELBシリーズ発売
───────────────────────────────────
 パーソナル電子はかりELBシリーズは、単三乾電池(6本)で約40時間連続使用
 が可能です(電池別売)。付属のACアダプタを使用することも可能で、オート
 パワーオフや過負荷防止機構などの機能も装備しています。性能面でも、約
 1秒の高速応答で分解能 1/30,000を実現しています。
 http://www.shimadzu.co.jp/balance/products/p01/b-elb.html

【セミナー】─────────────────────────────
 7/29大阪,7/30東京「ユーザーズフォーラム〜FDAセミナー2003〜」<無料>
───────────────────────────────────
 製薬GMPやPart11の最新動向と、実践的な対応法についてご紹介をします。
 【特別講演】
 「リスクベースアプローチ 〜Part11への影響とFDA規制の最新動向〜」
       GAMPフォーラム版Part11ガイダンス編集長 Tony Margetts先生
 【ケーススタディ】
 「QCラボへのネットワークシステムの導入 〜医薬品受託専門メーカーにお
  ける事例〜」      武州製薬株式会社 品質保証部長 藤原和文先生
 「サプライヤオーディット 〜コンピュータ供給・開発業者の監査〜」
       三共株式会社 品質保証部/IT推進部 課長代理 長谷川弘和先生
 http://www.an.shimadzu.co.jp/topics/2003/200307/0729-1.htm

【セミナー】─────────────────────────────
 7/11(金)東京「水質セミナー」追加開催!(TOC/HPLC/ICP/AAなど) <無料>
───────────────────────────────────
 6/25〜7/18に全国で開催する「水質セミナー」ですが、おかげさまで多くの
 お申し込みをいただき既にほとんどの会場が定員となりました。ご迷惑をお
 掛けしております。そこで、7/11(金)東京で追加開催させていただくことに
 なりました(東京3回目)。
 http://www.an.shimadzu.co.jp/topics/2003/200306/w-top.htm

【セミナー】─────────────────────────────
 天びんセミナー・講習会のお知らせ             <無料>
───────────────────────────────────
 ◎7/4(金) 浜松「天びん・はかりと計量管理について」
        「毒劇物・化学薬品の安全管理について」
 http://www.shimadzu.co.jp/balance/news/2003/news08.html
 ◎8/1(金) 東京「天びん・はかりと計量管理について」
 http://www.shimadzu.co.jp/balance/news/2003/news09.html
 ◎7/23(水)、24(木) 東京「正しい天びん・はかりの使い方 実務講習会」
 http://www.shimadzu.co.jp/balance/news/2003/news10.html

【セミナー】─────────────────────────────
 7/24(木)千葉「ソリューションズセミナー」最新解析機器&技術 <無料>
───────────────────────────────────
 「FTIR」「GCMS」「蛍光X線」についての技術セミナーと展示を行います。
 蛍光X線装置でのミニワークショップも行います。
 http://www.an.shimadzu.co.jp/topics/2003/200307/0724chib.htm

【セミナー】─────────────────────────────
 その他の7月の分析計測系セミナー予定(現在申込み受付中のもの)
───────────────────────────────────
 7/4(金)富山「最新技術セミナー&展示会」 <無料>
 http://www.an.shimadzu.co.jp/topics/2003/200306/0704toya.htm

 7/11(金)福島「最新技術セミナー&展示会」〜電子・ナノテク〜<無料>
 http://www.an.shimadzu.co.jp/topics/2003/200306/0711kori.htm

 7/11(金)京都,7/16(水)東京「分析における信頼性確保と精度管理」<有料>
 http://www.shimadzu.co.jp/ssr/seminar/sinraisei-.html

 7/25(金)福島「ガスクロマトグラフ基礎セミナー」<無料>
 http://www.an.shimadzu.co.jp/topics/2003/200304/030725.htm

【やさしい粉講座】──────────────────────────
 乾式密度計による粒子のコーティング層の評価をご紹介します
───────────────────────────────────
 粒子を他の材料でコーティングを施して新たな機能・特性を持たせる取り組
 みが行われています。この評価には、コーティング層の厚み測定が重要です
 が、個々の粒子のコーティング層の厚みを直接測定することは非常に困難で
 す。そこで間接的測定法として、乾式密度計を用いる手法をご紹介します。
 http://www.shimadzu.co.jp/powder/lecture/beginner/b10.html

【測定データ】────────────────────────────
 分析機器アプリケーションニュース15点をSolutions Navigatorへ掲載
──────────────────────────[ 会員制サイト ]─
 LCMS  C29「カーバメート系農薬の一斉分析」
 HPLC L298「蒸発光散乱検出器による界面活性剤の分析」
 HPLC L297「飲料中スクラロースの分析」
 HPLC L296「食品中残留基準値設定農薬の分析」
 HPLC L295「ポストカラム蛍光検出法によるボグリボースの分析」
 GCMS M219「ミクロシスチンの分析」
 GCMS M218「GCMSsolution の SIMテーブル自動作成機能」
 GC  G220「農作物中の残留有機窒素系/ピレスロイド系農薬の分析」
 GC  G219「作業環境中エチレンオキシドの分析」
 FTIR A351「近赤外分光法による医薬品の確認試験」
 FTIR A350「干渉縞を消す前処理方法の紹介」
 UV  A349「微分スペクトルを用いた定量分析(血漿中除草剤)」
 AA  A348「米中カドミウムの分析」
 AA/ICP/ICP-MS A347「土壌中金属の分析」
 熱分析 T132「樹脂補強剤の定量」

 成分名・キーワード検索は下記からご利用ください。
 https://solutions.shimadzu.co.jp/solnavi/solnavi.htm
 【注】Solutions Navigatorの閲覧には別途ご利用申請が必要です。
  https://solutions.shimadzu.co.jp/  の「登録内容変更」から行えます。

【測定データ】────────────────────────────
 マイクロフォーカスX線CT装置の「生体・骨形態」に関するデータを掲載
───────────────────────────────────
 当社の産業用CT装置は、2D画像はもとより、MPR像・ダブルオブリーク像・
 3D像・3Dボリュームレンダリング像・アニメーションが自由自在に行えます。
 今回は、マウスと人のデータを中心に、生体・骨形態に関するデータをご紹
 介します。
 http://www.shimadzu.co.jp/ndi/products/x_ryct/ryctap01.html

【更新情報】─────────────────────────────
 天びん・台はかりの取扱説明書をWebサイトに掲載しました
───────────────────────────────────
 以前からご好評をいただいております天びんの「取扱説明書」のページを充
 実させました。10機種の製品の取扱説明書と、それに伴うメニューマップ等
 を追加掲載いたしました。
 http://www.shimadzu.co.jp/balance/manual/index.html

【製品紹介】─────────────────────────────
 静的試験機オートグラフのカスタム製品情報を追加しました
───────────────────────────────────
 下記を追加掲載しました(PDFファイル)。
 『オートグラフでは静摩擦係数や動摩擦係数が測れます。』
 http://www.shimadzu.co.jp/test/special/index.html

【ダウンロード】───────────────────────────
 UV分光光度計ソフトUV Probe 2.00Su1、1.12Su1アップデートキット
───────────────────────────────────
 UVProbe Ver.2.00をVer.2.00Su1へアップデートするサプリメンタルディス
 クを掲載しました。
 また UV-3100/UVProbe Ver.1.12のユーザーの方向けに Ver.1.12Su1 を
 掲載しました。
  http://www.an.shimadzu.co.jp/support/download/uv/uvprbdl.htm


+--------------------------------------------------------------------+
 ◎Shim-Solutions Club会員ご登録内容のご確認・変更◎
 登録内容のご確認・変更が行えます。下記URLをご利用ください。
  http://solutions.shimadzu.co.jp/
 ★このときお客様の会員IDとパスワードが必要になります。
 ☆IDとパスワードは、以下のURLでご確認できます。
 ☆ https://solutions.shimadzu.co.jp/fg_pw.html
 ★できるだけご興味分野に沿った情報をお届けします。
 ☆ https://solutions.shimadzu.co.jp/
 ☆の「登録内容変更」でご興味分野をご登録ください。
 ☆ログインの際には会員IDとパスワードをお使いください。
 --------------------------------------------------------------------
 ◎発 行◎
 〒604-8511 京都市中京区西ノ京桑原町1
  株式会社 島津製作所  http://www.shimadzu.co.jp/
  ほっと通信事務局 一ノ瀬やよい
 --------------------------------------------------------------------
 ◎あとがき◎
 今週からウィンブルドンテニスが始まりました。初日から前年優勝者が敗れ
 る波乱があり今年も数々のドラマがありそうです。日本女子選手の活躍も楽
 しみですが、TV中継が深夜まであるので、寝不足になってしまいそう。。。
+--------------------------------------------------------------------+
ページトップに戻る