島津ジーエルシー

  • 島津制作所グループ
TOP > 製品情報 > TORAST-H™シリーズ > TORAST-H™ Glass Vial

低吸着ガラスバイアル
TORAST-H™ Glass Vial

TORAST-H™シリーズとは

島津ジーエルシーが最新の技術を取り入れ実使用に近い条件で性能評価・検証したハイエンド消耗品シリーズの名称です。

新基準〜世界最高峰の低吸着ガラスバイアル〜

TORAST-H Glass Vial
特長

長期保存にも適した低吸着性能
〜3ヶ月経っても吸着が極めて少ない〜

分析後の試料をバイアルにいれたまま長期保存すると、試料が容器に吸着し、再現性が低いことがあります。
TORAST-H™ Glass Vial は分析における低吸着性能を極めた結果、保存容器としても世界最高峰の性能に行き着きました。
低吸着性能
低吸着性能

※PP バイアル(コントロール) 0 時間の面積値を100%とし、各面積値を比較しました。
3ヶ月後のPPバイアルの回収率は89%となり、TORAST-H™ Glass Vial の回収率を下回りました。

塩基性化合物、酸性化合物、中性化合物すべてに対して低吸着
〜ファーストチョイスはTORAST-H™ Glass Vial〜

小容量バイアル

試料溶液の嵩高さの確保と接触面積の最小化の両立を計算した設計になっています。また、熱伝導性を上げるため、バイアル底面を空洞化しました。

使用容量: 10〜150 µL
ニードルストロークを調整してお使いください。
例:SIL-20 シリーズ, SIL-30 AC : ニードルストローク37 mm 以下
SIL-30 ACMP, i-シリーズ:ニードルストローク34 mm 以下
他のガラス製試料びんに比べて底面の位置が高いので、ニードルストローク設定を行わないとニードルの底突きによる試料吸引量のばらつきやニードル先端の破損が起こるおそれがあります。

低吸着性能
小容量バイアルは試料に対する容器の接触面積が大きいため、吸着によってロスする割合が大きくなります。
小容量タイプのTORAST-H™ Glass Vial は、他社の小容量ガラスバイアルと比較し、劇的な吸着抑制効果を示しました。

品質証明書付き

品質を保証する証明書が付属しています。塩基性、酸性、中性化合物に対する低吸着性能検査をはじめ、 バイアル、セプタム、キャップの形状検査をおこなっています。
バイアル、セプタム、キャップはLot管理されており、トレーサビリティーが取れます。
また、バイアルはまとめてではなく、1 本1 本丁寧に洗浄されており、バイアル由来のゴーストピークを気にすることなく安心してご使用いただけます。

価格表

品名 仕様 キャップ
タイプ
キャップ
スリット 容量 入数 P/N 希望小売価格
(税抜/円)
TORAST-H™ Glass Vial
(品質証明書、
PTFE / シリコンセプタムキャップ付き)
透明ガラス、ラベル付き(広口径9-425) スクリュー型 1.5 mL 100 370-04300-01 14,000
370-04300-02 14,000
褐色ガラス、ラベル付き(広口径9-425) 370-04300-03 14,000
370-04300-04 14,000
透明ガラス、ラベル付き(広口径9-425) 150 µL 370-04301-01 18,000
370-04301-02 18,000
褐色ガラス、ラベル付き(広口径9-425) 370-04301-03 18,000
370-04301-04 18,000
Screw Cap for TORAST-H™ Glass Vial PTFE / シリコンセプタム(広口径9-425) 370-04310-01 3,100
370-04310-02 3,100
back