島津ジーエルシー

  • 島津制作所グループ

HPLCカラム
Rezex

炭水化物・オリゴ糖・有機酸の分析カラム

Rezex™(レゼックス)シリーズでは、イオン交換、イオン排除、サイズ排除、逆相、分配等、様々なモードに基づく分離カラムがございます。多くの場合、様々な成分の分離がカラム1本で可能となります。架橋度8%の充填剤は低い背圧を維持しながら良好な強度と耐久性を示します。架橋度4%の銀およびナトリウムの固定相にはより大きい細孔径を採用することで、オリゴ糖等の高分子量成分の分析に適したものとなっています。

カラムの特徴

Rezex画像

アプリケーション

食品・飲料

発酵物・バイオエタノール

糖類

炭水化物

アルコール

その他

リテンションインデックス一覧

対象物 慣用名 Ag+ Ca2+ Na+ H+ Pb2+
Adonitol(Ribitol) アドニトール 11.54 14.93 11.10 11.11 20.15
D-Altrose D-アルトース 11.95 12.71 11.45 10.21 15.82
D-(-)-Arabinose D-アラビノース 13.01 13.56 12.65 11.24 16.47
D-(+)-Cellobiose D-セロビオース 8.86 8.60 8.49 8.02 11.00
D-(+)-Digitoxose D-ジギトキソース 11.90 13.82 11.39 12.59 15.32
Galactitol(Dulcitol) ガラクチトール 11.64 21.61 11.10 10.71 33.25
Meso-Erythritol メソエリスリトール 12.31 15.49 11.78 12.14 19.82
D-(-)- Fructose D-フルクトース 12.05 13.65 11.76 10.31 17.71
L-(-)-Fucose L-フコース 12.75 13.19 12.30 11.65 16.19
D-(+)-Galactose D-ガラクトース 11.87 11.73 11.47 10.19 14.94
Gentiobiose ゲンチオビオース 8.70 8.40 8.40 7.87 10.53
D-(+)-Glucose D-グルコース 11.04 10.37 10.71 9.62 12.92
Inositol イノシトール 12.59 13.35 12.14 9.98 18.87
Isomaltose イソマルトース 9.11 8.74 8.76 8.02 11.28
Lactose ラクトース 9.27 9.03 8.78 8.32 11.89
Lactulose ラクトロース 9.75 10.32 9.23 8.57 13.95
D-Lyxose D-リキソース 12.41 14.06 11.98 10.68 16.66
D-Maltose D-マルトース 9.16 8.81 8.75 8.18 11.59
Maltotriose マルトトリオース 8.27 8.10 7.94 7.51 11.02
Maltulose マルトース 9.25 9.47 8.82 8.27 12.40
D-Mannitol D-マンニトール 11.36 17.82 10.80 10.59 24.90
D-(+)-Mannose D-マンノース 12.04 12.04 11.54 10.16 16.39
Melibiose メリビオース 9.26 9.04 8.82 8.14 11.97
D-(+)-Melezitose D-メレジトース 8.00 7.93 7.66 7.54* 9.94
D-(+)-Raffinose D-ラフィノース 8.10 8.16 7.76 7.88* 10.28
L-(+)-Rhamnose L-ラムノース 11.50 12.18 11.00 10.90 14.47
D-(-)-Ribose D-リボース 14.59 23.38 14.34 11.42 33.48
Salicin サリシン 18.51 18.58 17.36 14.98 26.81
D-Sorbitol D-ソルビトール 11.91 22.45 11.39 10.83 35.97
Stachyose スタキオース 7.60 7.59 7.30 7.27 9.72
Sucrose スクロース 9.03 8.71 8.65 9.24* 11.00
Trehalose トレハロース 8.91 8.72 8.49 8.32 11.01
Xylitol キシリトール 12.69 22.01 12.16 11.78 32.38
D-(+)-Xylose D-キシロース 12.06 11.62 11.68 10.24 13.84

分析条件

  • Dimensions: 300 x 7.8 mm
  • Mobile Phase: Water (degassed)
  • Flow Rate: 0.6 mL/min
  • Temperature: 80 °C
  • Detection: RI @ 40 °C

カラムスペック

カラムスペックをご確認いただく際は、以下のPDFをダウンロードして下さい。

ご使用上の注意

本カラムを使用する場合、移動相の条件には注意してご使用下さい。
ポリマー基材のため、有機溶媒濃度に上限があります。
また、対イオンによって無機塩の制限もございますのでご注意下さい。

■ピーク形状が悪化した場合

ガードカラムまたは分析カラムに汚れが蓄積していることが予想されます。
ガードカラムを外して分析を行い、ピーク形状が回復するようでしたらガードカラムをご購入下さい。
分析カラムのみの分析でピーク形状が悪化している場合、下記のカラム洗浄・再生を行って下さい。

■溶出が極端に早まった場合

分析カラムの対イオンが別のイオンに置換されていることが予想されます。
下記のカラム洗浄・再生を行った後、標準物質で溶出時間をご確認下さい。

■分析カラムが汚れてしまった場合

洗浄および対イオンの再生時にはガードカラムをはずして行なって下さい。
下記の表に記載の洗浄条件に従って洗浄した後、再生条件で移動相を流して下さい。
疎水性成分が吸着している場合、指定の有機溶媒を添加することで、効率的に洗浄することができます。
洗浄・再生を行なってもピーク形状が改善されない場合、分析カラムを新たにご購入下さい。

価格表

back

ページトップへ ▲